商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2020/04/12 09:30

ジョジョニパン工房、ひとまず完成しました。
始まりの頃より状況があまりにも変わったためか、
まだ始まってもないからなのか、
やや実感がわきませんが、とりあえずここまでは無事に来れました。

木こりビルダーズとジョジョニについて
少し長いですがお話します。
間違ってたら陣内さんに訂正してもらいます。

そもそもですが、木こりビルダーズが建てる建物ってどんなのかっていうと
地元の自然素材を使い、地元の人といっしょに手作りすることで、
木が有効活用され、地域が自立し、材料もお金も地元にかえる。
そして全てはいつか土にかえる。そんな建物です。

今の家は”高気密高断熱で快適”に、と言われているけれど
自然素材の建物ってどうなのか。
”快適”なのか?
私も住んだことないので、まだわかりませんが、
「快適じゃないわけがないでしょ」ってただそう思います。

この工房が現代の家と大きく違うのは壁が湿気を通すこと。
現代の家は換気することで水蒸気を外に出しますが、
わら、籾殻、外壁の土モルタル、内装の土佐漆喰、
その組み合わせで壁を呼吸させます。
壁が湿度を勝手に調整してくれます。
これで”快適”な空間を作っています。

気持ちいいに決まってます。
ここで美味しいパンが焼けなかったら、もうやめた方が良いです。笑

構造体は、太くて曲がった節だらけの原木でできてます。
山の為に伐ったものの、
建築材として認められない(チップとしてしか出回れない)原木。
その中から陣内さんが選んで運んできました。
だいじょうぶ?ってところですが
ボルトでとめるところだけ垂直であれば良いし
壁は漆喰を塗るから曲がっていても問題ないと。
はじめてそれを聞いたときは「なるほど、シンプル!」と。

そのかわり、実際は手で木の皮をむくのも、
そのあとチェーンソーを使って組み上げるのも
気が遠くなるほど大変(そう)でした。
苦難の末できた丈夫な構造に、木ずりを張り、
漆喰を塗りました。(言うと早いな。。) 
そうして出来上がった壁には、まっすぐな部分がほとんどありません。

五角形と三角形が組み合わさっているから基本的に斜めだし、
壁はよく見たらゆるやかに波打っています。
そしてあたたかくするために分厚くした部分や、
複雑な構造を覆った木ずりは、結果、心地良い曲線を生みました。

下川のパン工房として、ジョジョニは今後、材料も薪も、
可能な限り下川産を選びます。(なければ北海道産)

友人であるトミー @firewood_tominaga が下川で薪屋をしていて、
彼から薪を買えることと、
近所(車で5分)の農家さんから小麦を買えることが一番の幸せです。
今は、その幸せを守るための行動とは何かを考えてます。

自然発酵と薪窯、"そこにある材料”。
100年くらい前から変わらないレシピと製法。
それをどうして選ぶのかと聞かれたら、
ジョジョニは限りなく「普通」を選択したいだけです。

ただ消費するだけでなく、いろいろな関係の中で。
手の届く材料をつかって、"無理"をせず理にかなったものを作る。
きっと、それが普通だし、体に良くないわけがない。
この先どうなるかはわからないけど、
多分こっちだと信じたいです。

話が脱線しつつありますが、
陣内さん ないしは木こりビルダーズと共感したのは、そんな部分だと思ってます。

これから木こりビルダーズは、より効率アップを目指します。
そして真似され、根付き、
「木こりビルダーズ風」が北海道中に広がることが夢です。